ゴルフを始めよう!

Have Fun Golf

若い人も絶対に面白いゴルフ

ゴルフと聞くと、サラリーマンの接待や、年配の方の娯楽のような印象を持っている方も多いのではないでしょうか。
実は若い人たち、女性の間でもじわじわと人気が出ているのをご存知ですか。
大学など学校によっては、一般教養として体育の授業で取り入れている所もあります。
カラフルでオシャレなゴルフウェアもたくさんありますので、まずは形から入るのも楽しいでしょう。
通常、ゴルフは4人1組でコースを回り、ホールにボールが入るまでに打数が少ない方が勝者となります。
ルールを知らなくても1度は耳にしたことがあるであろう「ホールインワン」。
これは1打でカップにボールを入れる事ですが、プロの選手でもなかなか決めることができません。
ホールインワンどころか、初心者の方がいきなりコースに出るのはかなり無理がありますので、まずはフォームやクラブの特性、力加減などの確認のためにも、打ちっ放しに行くのをお勧めします。
ボールを打つために使用するクラブは、大きく分けてウッド、アンアン、パターの3種類があります。
それぞれ用途が異なり、それらの中間的特性を持つクラブも存在します。
また、長いクラブは長距離を、短いクラブは短距離を打ちやすく、長いほど扱いが難しいと言われています。
通常、クラブの使用は1り14本までと制限があり、ウッド3、4本、アイアン8、9本、パター1本の組み合わせで使用する方が多いです。

ゴルフの魅力と覚えておくべきマナー

ゴルフは、仕事上の付き合いのために上司達と行われることがありますが、仕事だけではなく自分の趣味として行うことで様々なメリットがあります。
まずゴルフを行う場所は自然が多く、普段森林を見ることができないところに住んでいる時には、気分をリフレッシュさせることができ、仕事や私生活で感じているストレスを緩和させられます。
また、プレー中は移動距離が長いため、歩いて移動するには大変そうですが、ゲームを楽しんでいる最中なら歩く時のつらさも減り、運動不足の解消にも繋がります。
男性だけではなく、女性も楽しむことが可能であり、運動ができる以外にもプレーしている男性と出会う場にもなります。
他にもどうすればボールが打ちたい場所に打てるか集中するため、集中力を強化したり、激しい運動ではないので、子供からお年寄りまで行えます。
ゴルフをする時には、帽子をかぶるようにすることで、熱中症対策だけでなく、他の人の打ったボールが自分の頭にぶつかるトラブルが発生しても怪我を防ぎやすくなります。
ボールがうまく穴に入ったからといって、大声ではしゃいでしまうと他の人の集中力を低下させてしまうので、大声にも注意します。
そしてプレーに夢中になって、ゲームの進行が遅くなりすぎると、コースを使う別の人の迷惑になるので、時間を考えて行います。

recommend

サバゲー 大阪

最終更新日:2017/7/27

▲ページトップへ